お客さまからの相談事例

Kiosk.JPG 

 

当社がアドバイザー登録をしている浜松商工会議所様、(財)浜松地域イノベーション推進機構様、(財)静岡県産業振興財団様、(社)静岡県国際経済振興会様のご依頼で企業様にアドバイスを行った事例です。

 

上記公的機関へのご相談はこちら

 

 日時お客様業種 当社からのアドバイス内容
H27年9月鶏卵業自社でウズラを養鶏し卵を販売している。輸出ができないか検討したい。
鶏卵の場合、生では海外で輸入時の検疫が厳しい。加工品を考えたらどうかと回答。
燻製があるというのでその輸出販促をするよう提案。
H27年8月金融業銀行からの相談。自行で抱える顧客の中で輸出を考えているところが多くなってきている。その顧客のために輸出研究会を開催したい。
賛成し講師として月一での参加を行うこととする。
H27年4月建設業

海外の中古自転車(アンティーク)を輸入しインテリアとして使用したいとのこと。
中古品の輸入の場合、国内での取引では古物商許可が必要と話した。自社で使用する分には問題ないが。ただ輸送に注意が必要なので費用がかさむと話す。

H26年7月食品製造

海外向に国産の餡子を輸出したいとのこと。
賞味期限や販売先、価格などに問題があるが一度海外での食品の展示会を視察することを提案。

H26年3月建設コンサルアフリカの建設現場で砂岩系の石材を外装で使用したいが、それを当社が輸入する工具で数十ミリ単位で切断することはできるかという相談。砂岩はもろい石のためほぼ不可能と回答。可能性としては、石材切断用の丸のこで切るか、砂岩風の人造タイルを使用するかのどちらかと回答。
H26年1月ITスマートフォン用に地域の歴史的スポットをその現地で紹介できるアプリを開発中だが、この技術を海外向けに利用できないかという相談。海外向け、特に新興国では歴史的スポットなどをめぐるためにそういったものには投資(支払)はしない。日本人観光客向けに彼らが海外で困ること(例えば交通機関の利用)に関しそれを解決できるアプリがあればいいのではとアドバイス。
H25年12月商社東南アジアへ農業機械を輸出したい手続きが煩雑のためアドバイスをしてほしい。
東南アジアを含め新興国への輸出はまだ税関での手続きなどソフトインフラが未熟なところが多く、輸入先の業者で経験があるとことと取引をしたほうがベターとアドバイス
H25年11月楽器製造特殊な楽器のため国内でもニッチの顧客しかいない。販路拡大のため海外へも輸出したい。
クラシックな楽器を販売しているので、楽器として輸出するのでなく、購入家具として販売してはと提案
H25年7月建設業注文住宅を建築販売しているが、販売する住宅に付加価値をつけるために海外の家具や雑貨などを合わせて販売したい。いい方法は?
北欧風の住宅の場合は北欧風家具を、南欧風の場合は南欧風家具を輸入することを提案
H25年2月 釣具製造 現在自社で製造するルアー関連の商品を海外に販売したい。まずは、ヨーロッパの展示会に出品する予定。それに関しアドバイスがほしい。基本的に海外の展示会は半年前からの準備が必要なのでそれを前提に準備を進めるべき。クリアされなければならない問題は、商品の輸送、展示方法、販促方法など色々とあるとアドバイス。
H24年11月 部品製造

 特殊技術金型による鉄板プレスの加工方法で、従来の製法の半分近くのコストで高品質な部品を製造している。この技術を海外に宣伝し販促したいとの旨相談があった。国内向けのHPはすでにあるが自社内でそれを作成している。ただそれはまだできて間もないため、検索エンジンにうまくかからない。
これだけの技術を持っているが、今まで待ちの営業だったため国内外への売り込みができていない。HPに手間とコストをかけて販促するように勧めた。

 H24年11月 飲食業 現在静岡県内で数店舗の飲食店を経営している。事業を拡大するためにフィリピンから商材を輸入し店舗で使用および販売をやってみたい。輸入に関しては円高もあり国内で需要があればうまくいくと思う。ただ、輸出先企業との取引について注意が必要。食品なので国内への輸入時に検疫への対応も必要となる。
 H24年10月

精密部品

加工

浜松市内で鋳物などのバリ取りや一品物の部品の精密加工をしている。海外大手からいろいろと加工の依頼があるが、設計図などがすべて英語でそれも略語で指示されているものが多く判読しづらい。受けるべきかどうか悩んでいる。海外ではまねのできない日本独自の技術がここにあるという典型を見たような気がする。ぜひ受けるべきだと伝えた。設計図を見せてもらったがこれは設計者と連絡が取れれば判読は難しいことではない。
H24年7月化学肥料

現在化学肥料を製造しフィリピンで営業を行っているが、なかなかうまくいかない。いろいろな現地の日本人ブローカーが近づいてくるがどの人も顧客が見つかれば中に入るという程度で営業には役に立たない。東南アジアでよくあるケースだが、現地の大手企業の幹部や政府の人間を知っていると言って近づいてくる現地滞在の邦人がいるが、あまり相手にしないほうがいいとアドバイスする。

H24年2月水産業水産物、特に伊勢海老やアワビなど高級水産物を扱っている。最近では国内の販売が思わしくなく、海外への販売ルートがほしい。水産物の場合、ほとんどが冷凍輸送の為、輸送費が通常の商品と比べて高価になったり、歩留まりが悪かったりする。その為海外への販売は、簡単ではない。ただ日本の水産物は海外で人気なので上記のような高価なものならばペイするかもしれない。まずは、そこに絞ってのPR(ネットなど)を提案。
 H24年2月建設会社インドネシアから住宅用の建築材の輸入を考えている。気をつけるべき点を知りたい。インドネシアなどには多くの木材業者がいるが、なかなかまともに付き合える会社を見つけることは難しい。支払条件や品質の問題、納期などいろいろな条件を一つ一つクリアにする必要があるとアドバイス。
 H24年2月精密機械

現在大手の機械メーカーに自社の精密機械を納入しているがそこから海外に販売されている。これからは自社でも海外への販売を進めたい。またすでにアメリカでの見本市の視察も決まっておりそこでの注意点を知りたい。ゼロベースから輸出を始めるため顧客開拓から輸出実務までのステップを説明。社内にその専門スタッフがいないので本気で輸出事業を考える場合、雇用するかアウトソースするかを考えるべきとアドバイス。

 H24年2月輸出入バングラディッシュの富裕層向けに飲料の輸出を始めている。すでに自社からスタッフを常駐させることにしている。自社資本の現地法人もすでに設立し販売のスタートを待つのみ。すでにそこまで進んでいるのであまりアドバイスをする必要がないように思えたが、支払条件で現法とL/Cベースで行うなど、その必要がないかと思われるものもあった。また、新興国ビジネスの特徴で現地の政府高官を知っているので法的な手続きは問題なく進むと言われるがそれもケースバイケースなので注意が必要とアドバイス。
 H24年2月輸出入中国で製造する衛生用品をバングラディッシュ、ブラジルへ販売予定。現在は精密機器を輸出入しているが、主に少量でEMSなどを利用しているためコマーシャルベースでの輸出入の経験はほとんどない。その為、輸出入全般に対しての注意点を聞きたい。一番の問題は3国間貿易における物の流れと代金の流れ。ブローカーとして口銭ベースで取引するのかそれとも輸出入業者として自社を必ず通すのかをはっきりさせるべき。それにより自社のリスクやリターンの度合いが変わる。
H24年2月医療関連海外から歯科治療の技術移転の依頼があった。
問題は富裕層をターゲットとする場合、どれほどのスケールメリットがあるか?ターゲットとする国を慎重に選ぶ必要がある。時間はかかるかもしれないが有望なビジネスでは。
 H24年2月乳幼児安全関連乳幼児用製品を海外に販売したい。 代理店を探したい。 どう販促したら?まずはインターネットを活用しリスクを抑えながらの販促を推奨。乳幼児関連業界のポータルサイトなどに登録し販促する。その際には英文HPも必要。
 H24年2月和物雑貨関連和風布製品の輸出をしたい。現在、フランスで少量販売しているが、知り合いの日本人を仲介して行っている。フランスの顧客は東京に本店を持っているのでそこに販売できればベスト。 海外に販売する時に仲介の人が入る際は必ず、その人の責任をはっきりさせるべきとアドバイス。
 H24年2月環境検査機器関連環境検査機器の販売を行っている。現在海外の公的機関からすでに発注が来ている。L/Cを開設し銀行からの入手待ちになっている。決済条件など甘いところはあるが、しっかりとこなしている。 L/Cは少々めんどうのため 次回からはT/Tで行うことを勧める。
 H24年2月太陽光発電関連太陽光充電式街燈を新製品として自社ブランドで販売予定。
4月に海外の展示会に出品。 展示会での注意は?またこれから販促するにどのあたり、どのように行ったらいいか。
すでに展示会への出品は決定しているのでそこでの注意(来場者の記録の仕方など)を説明。 販売ターゲットとしては先進国ではなく、電力事情の悪い国がいいのでは。
H23年12月農業国内のある農産物の売り上げが激減しているため海外に販路を広げることが必須となってきている。ただお客様は多額を投資できない。どうしたらいいか。マーケティングの方法としてやはり廉価なITを利用するべくアドバイス。
H23年11月業務用洗剤販売インドの顧客企業から洗剤の購入の依頼を受けている。見積もりを提出したが、その後の進め方がよくわからない。見積書についての注意点から、交渉、輸出実務までをアドバイス
H23年7月雑貨製造インドネシアへの輸出に関し自社英文HPを利用してのマーケティングについてアドバイス
H23年3月部品製造車両関連部品のインドネシアへの輸出が決まっている、将来的には現地での製造も必要、その件に関しアドバイス
H22年10月貿易食品を海外にE-コマースで売りたい、その件についてアドバイス
H22年2月浄水器製造インドネシアなど新興国へ輸出を始めたい、まずはどう進めればいいかをアドバイス
H22年2月機械製造フィリピンの顧客向けにソーラー照明機器を輸出したい、その方法についてアドバイス
H20年5月輸出入カンボジアにある顧客へホテル用備品を輸出、その交渉に関しアドバイス
H19年11月機械製造インドネシアに輸出した自社の機械で生産されている食品を購入していたが、機械代金が回収できていないその方法についてアドバイス
H19年11月機械製造自社製品にある液晶画面の英訳についてアドバイス
H19年6月食品卸

アメリカの顧客についての信用調査の件についてアドバイス

▲このページのトップに戻る