製品の輸送方法は?関税は?お客さんとの取引方法は?

1:輸送方法   2:関税   3:取引方法

 

1: 輸送方法
日本からの海外への輸送方法は2つあります。航空便と海上便です。航空便には通常のものとクーリエサービスを利用したものがあります。輸出先や重量、サイズ、輸送時間、費用などによって使い分けます。
2: 関税
輸出先の輸入関税を確認します。通常HSコードという世界共通のコードを検索し自社の製品がどのコードになるか確認し関税を調べます。
3:取引方法
顧客からの支払方法、保守契約、保証期間や部品の調達方法、輸出先の規制をクリアしているかなど様々な問題を顧客と連絡を取り輸出前に解決します。
▲このページのトップに戻る