輸出先がどの地域やどういった顧客をターゲットにするかにより…

輸出先がどの地域やどのような顧客をターゲットにするかにより、製品の内容やデザインを変更します。

 

1: 輸出地域/ターゲット顧客の絞り込み 2: 展示会や商談会などによる市場調査 3: 製品の仕様変更、カタログの作成など 4: 潜在顧客への試験販売


1: 輸出地域/ターゲット顧客の絞込み

インターネットや公共機関からの情報などでおよその地域や業界の絞込みを行います。
当社は石材機会を輸出販売する際に石材業が盛んで高度な研磨技術を必要とする北欧やドイツの企業をターゲットにしました。
また、緑茶製品を飲料としてだけでなく抹茶や煎茶のパウダーを食品にも使用してもらうため成長著しい東南アジアの食品業界にターゲットを絞ることにしました。

2: 展示会や商談会などによる市場調査
絞ったターゲット地域に向けて販売プロモーションするために詳細な市場調査を行います。その方法としては、インターネット上の調査に加えターゲット地域での展示会出品や商談会への参加などがあげられます。ジェトロなどの行政機関がいろいろな展示会、商談会の情報を持っておりウェブサイトに公開しています。
当社では、年に数回パートナー会社と組んで食品関連の展示会や現地で行われる商談会に出品しております。そこで入手した顧客情報をリスト化しいろいろな可能性を探ります。
 
3: 製品の仕様変更、カタログの作成など
多くの業種において国内で販売している製品をそのまま輸出に向けることは難しいです。機械関連では電圧や安全面での問題のクリア、EUではCE認証の取得、食品では輸出先の検疫の問題、イスラム圏ではハラル認証の取得など輸出先の仕様に合わせる必要があります。また、カタログやラベル、デザインなども輸出仕様にする必要があります。
当社では東南アジア向けに廉価な緑茶製品を準備しそのカタログを英文で作成し販促用に使用しております。
 
4: 潜在顧客への試験販売
可能性のある顧客をリスト化した後、電話やメールなどでのコミュニケーションをとり必要としているサンプルを送ります。その際には先方にもある程度の費用を負担してもらうのがいいと思います。機械などサンプルを渡すことはできない場合は、その機械で製造した製品をサンプルとして送ることも手です。
緑茶製品のサンプルは小分けすることができ送りやすいので顧客から要望があった場合、通常着払いで送付します。

▲このページのトップに戻る